「新しいiOSが発表されましましたね。」

アップル、新UI採用で写真/マルチタスク強化の「iOS 7」
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130611_603041.html

あたらしい「iOS」である「iOS7」が発表されましたね。

いまっまでと違い、フラットなUIが採用されたとのこと。このあたりは、事前にそのような情報がかなり広まっていたのでそれほど驚きはありませんが、実際に発表されるとやはりそうなったかという印象ですね。

実際、GoogleやマイクロソフトではすでにフラットUIになっているので、世の中の流れに追随したところでしょうか。

100以上の機能追加を実施

ただ、実際に見てみるとやはりアップルらしい感じがあってそこはアップルの底力を感じます。好みは、いろいろあるでしょうが。

それと、気になるのはアフォーダンス理論では、ボタンはボタンとして機能するためにデザインがアフォードしているということがあったと思いますが、フラットデザインが主流となると、世の中の立体物をアフォードするときの表現が、どうしても難しくなるのかなという気がします。

立体物とフラットUIに変換するときには、抜け落ちる情報があると思いますので・・・。
このあたりは、インターフェース理論の発展で改善されてゆくのでしょうか。

みなさんは、どう思いますか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です