ある種ふつうのミドルタワーPCにDebianLinuxを載せたこのマシン。個人的には、欲しい。ですが、どのあたりをターゲットにして販売を始めたのでしょうか。

ストームは7日、ストレージにIntelの最新SSD「Intel SSD 730」シリーズの240GB、OSにDebian 7.5 64bitを搭載したミドルタワーBTO「Storm Linux Box Middle Tower Debian 7.5 SP」を発売した。標準構成時の直販価格は95,580円から。

WindowsPCを買うよりちょっと安いという感じでしょうか?SSDを使っていることもあり、結構速そうな印象ですね。でも、まだまだLinuxクライアントが普及しているとは言えない状況です。
ここは、研究などの学術用途を想定しているのでしょうか。

主な仕様は、CPUがIntel Core i5-4570(3.20GHz)、チップセットがIntel B85 Express(ASRock B85M Pro4)、グラフィックスがIntel HD Graphics 4600(CPU内蔵)、メモリが8GB PC3-12800(4GB×2)、ストレージが240GB SSD(Intel SSD 730)、光学ドライブがDVDスーパーマルチドライブ、OSはDebian 7.5 64bit。

PCケースはIN WIN IW-EA035USB3.0で、本体サイズはW190×D445×H415mm。電源は500W 80PLUS BRONZE(IN WIN(POWER MAN) 500W)。

http://news.mynavi.jp/news/2014/05/07/461/

サーバーとして使うのはもったいない気がしますが、このPCに外付けHDDをいくつかつなげてファイルサーバにしたり、開発用のサーバとのしての利用も面白いかもしれません。

できれば、ここはDebianモデルだけでなく、UbuntuやLinuxmintモデルなんかも出ると中々面白いのにな、なんて感じます。

Post Navigation