auのFirefoxOS「Fx0」が2円運用可能な端末だったの巻

業界関係者ならおさえておきたいFirefoxOSです。その端末が年末にauから発売されました。「Fx0」という名前になります。どうせ、パケット定額に入らなければならないので、いつ導入するかを考えあぐねていました。そんな時に

以下のようなブログを発見しました。

 

「Fx0おトク割」はフラット契約不要で適用可能、月2円維持へ

このFx0 LGL25、低スペック・高い本体価格・魅力的でない料金プランと、確かに売る気は感じられない内容にはなっているのだが、キャンペーンの一つである「Fx0おトク割」をうまく活用することによって低コストで手に入れられる可能性が高い。

というのもこの「Fx0おトク割」、最近の施策では適用条件として除外されることのなかった「フラット定額プラン契約必須」という条件が不要になっている。もちろんLTEネットなども不要になっていて、適用のために必要な条件は2年契約をしたLTEプランのみの契約となっている(12月25日157確認時)。

そのため久しぶりとなる基本料金のみの契約で割引が適用される施策になっており、月々の料金を最低費用で維持しようとした場合にかかるのはユニバーサル料金のみとなる。これまでは3円維持となっていたが、2015年1月からはユニバーサル料金が2.16円となるため、月2円維持が実現可能だ。

以前の3円運用の時の基本フローである、パケット定額契約->解除の流れをとることができるようです。(事実はショップで確認が必要ですが・・・)現時点では、端末代金がかかるので激安というわけにはいきませんが、一括0円セールが始まったらぜひ導入したいですね。