NTTcomは、自社のクラウドサービスなどで提供しているAPIについての情報を集約したポータルサイトを開設。ユーザーは、情報がまとまっていることで開発生産性があがることを期待しているようです。

また、この開発生産性が上がるということで、NTTcomのサービスを利用する可能性が高まるということでもあるのだと思います。

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4月1日、同社サービスに関連するAPIを効率的に活用するための開発者向けポータルサイト「NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ 開発者ポータル」を提供開始した。

NTTコミュニケーションズ APIゲートウェイ 開発者ポータル

NTT Comでは、同社のネットワークサービスやクラウドサービス(Bizホスティング)、コロケーションサービス、アプリケーションサービスにおいて、認証や情報閲覧、操作、設定変更などを可能にするAPIを提供している。

今回提供を開始した開発者ポータルでは、各サービスで提供するAPIの仕様や稼働状況、サンプルコード、APIキーなどがまとめて参照できる。これにより、APIを利用して各サービスと連携するアプリケーションの開発がより簡易になる。

開発者ポータルは、NTT Comの各種サービスで提供されているAPI関連の情報をまとめている

NTT Comでは、APIコンソールやSDK、利用企業のベストプラクティスやユースケースなど、今後も同ポータルのコンテンツを拡充していく方針。またAPIゲートウェイサービス自体も、「NTTコミュニケーションズ ビジネスポータル」からのオンライン申込みを可能にしていくとしている。

Post Navigation