いままでは、AWSというとスケーラビリティなど大規模になりそうなサイトではないとコストパフォーマンスが会わないケースもありました。これはEC2のインスタンスの最小構成でも数千円することがあったからだと思います。

それが、EC2インスタンスでもっと小さいものが発表されたことで、いままでレンタルサーバを利用していたユーザーなどもこちらへ移行する可能性がでてきなのではと思います。

今年、ラスベガスで開催されたAmazonのデベロッパー向けカンファレンス、re:Inventで AWSは「近く、EC2コンピューティング・サービスで、極めて小型だが必要な際には急速に拡張可能なインスタンスの提供を開始する」と発表した。そのインスタンスがt2.nanoと名付けられて利用可能となった

AmazonのUSリージョンでこの「ナノ・インスタンス」を動かすには月額で4.75ドルしかかからない(つまり1時間あたり0.0065ドルだ)。もちろんEC2として最安のインスタンスとなっている。もし1年分の作動を確保するなら時間単価はさらに0.0045ドルに下がる。前金は必要ない。他のリージョンからの利用は若干高くなる〔東京リージョンは時間単価0.01ドル〕。

e2_table

このインスタンスには 512MiBのメモリが付属し、 1コアのバーチャルCPUは必要に応じてバースト可能だ。

Amazonでは「このインスタンスはアプリを開発中のデベロッパーやトラフィックの少ないウェブサイトのホスティングにもっとも適している。どんな目的にせよ、大量のメモリやCPUパワー長時間必要としないような作業なら何にでも使えるだろう」と述べている。Amazonのチーフ・エバンジェリスト、Jeff Barrはまた「教育やトレーニングの場でも多数のt2.nanoが利用されるだろう」と期待を述べた

新しいナノ・インスタンスは、 AWSの他のバーチャルCPUに比べて低い能力しかないが、CPU利用率が 5%以下のアイドル状態になるとAWSはユーザーにボーナスCPUクレジットを付与する。このクレジットは後でバースト・モードが必要になった場合に利用できる。

t2.nanoは 32bitまたは 64bitで動作する。Amazonはこのバーチャル・マシンでWindowsを作動させることを推薦はしておらず、その場合には
Server Core AMIを利用することになるだろう。もちろんWindowsの利用が禁止されているわけではない。

EC2ではこの種のバースト可能な小型インスタンスのシリーズを各種揃えている。これまで、micro、small、medium、 largeが提供されていたが、今回これにt2 instancesが加わったわけだ。

Post Navigation