新iPadは、ディスプレイが変わるようですね

新iPadは、ディスプレイが変わるらしいです。iPad miniで採用されていたものが採用されそうというお話。

次期iPadには、iPad miniの薄くて軽いディスプレイ技術が搭載されるとかなんとか
http://www.gizmodo.jp/2013/08/ipadipad_mini_2.html

 

今回は、新しいディスプレイ技術が採用されているiPad mini だけでなく 次期iPadでもその技術が採用されるらしいです。

「事情通」の話によると、この技術を採用した大きいスクリーンはすでにアジアの提供会社にて制作されているといいます。現在のiPadはガラスベースのタッチパネル使用、一方でiPad miniにはフィルムベースのスクリーンが使われています。

ちょろっと聞くと大差ないように感じますが、フィルムベースのスクリーンの方がガラスよりも薄くて軽いのが特徴。スクリーンのサイズが大きくなれば、その差をより感じることができるでしょう。どうやら、iPad miniでの成功によって、アップルはフルサイズ端末での本技術の採用を決めたようです

 

 

これが採用されると、きっとiPadがもっと薄く、軽くなるのでしょうね。そうであれば新iPadもまた売れるようになるかもしれまえんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA