G-SHOCKって「進化?」していたのですね。

G-SHOCKといえば、頑丈な時計の代名詞となって世界的なメジャー商品だと思いますが、最近は違う方向で「進化?」しているのですね。

「G-SHOCK」の最新モデルは音楽プレーヤーのリモコン機能を搭載

http://www.gizmodo.jp/2013/08/g-shock.html

 


130815G_SHOCK.jpg

カシオ計算機がG-SHOCKの最新モデル「GB-6900B」と「GB-X6900B」を発表しました。今回のモデルでは新たに、Bluetooth接続でスマートフォンの音楽プレーヤをコントロールしたり、スマートフォンで時計の各種設定を行うことができるようになります。

また、昨年に発売となった現行モデルの電話着信やメール受信を腕時計の音や振動・表示で知らせる通知機能ももちろん搭載。スマートフォンと連携させることで、G-SHOCKが一層便利なアイテムになりますね!

普通の時計は、持っていますがヘヴィーデューティーな時計もひとつほしいなと思っていました。G-SHOCKを買うなら電波時計とソーラー機能は必須として、他には何かいるかな?と考えているとプロトレックの方位磁石機能がいいかな、とかいろいろ目移りするのですが、G-SHOCKもBluetooth接続で、設定がきるようにるものが発売されるようです。

でも、時計ってアラームの設定でも結構手間がかかっていたような気がしますが、そのような複雑な設定を時計で行いたいニーズってあるのでしょうか。

どちらかというと、時計でラップタイムとかを計算したデータや高度の記録などをスマートフォンに飛ばしてそこで、情報を整理する使いかたのほうがニーズがありそうに感じますがどうなのでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です