iPhone5Sで導入された指紋認証の安全性

iPhone5Sであらたによういされた指紋認証技術、これがあればなくしても大丈夫と考えている人もいるようですが、どうでしょうか。

 

生物認証装置は気温や湿度の変動、そして生体の予測不能な変化に影響を受けやすい。例えば、指紋の状態は年齢とともに低下してしまう。つまり、本質的にあてにならないものを利用しているほか、偽造の危険性も残っている。スキャナーの読み取り精度も問題だ。精度が低ければ本人以外のアクセスを許してしまうかもしれず、高すぎれば本人さえ拒絶されてしまうだろう。

指紋スキャナーがインターネット決済、銀行取引、クラウドサービスに採用されれば生体情報を要求される機会が増え、従来のパスワード同様、ハッキングのリスクが高まる可能性もある。指紋を盗まれてしまえば事態は一層深刻なものになる。

 

どのような技術も完全ということはないのです。人が作った仕組みである以上、人に破られるのは必然なのかもしれません。

過去には、様々な暗号化技術が出てきましたが、いずれも破られているかあまりにも不便で使われていないかだと思います。

そのような中で、この技術は便利なうえに精度も高くなってきているのでしょう。しかし、引用文に記載されているとおり、この情報が重要なものであればあるほど、それが漏れたときの被害が取り返しのつかないものになるリスクをはらんでいます。

アップルはこれらの問題を軽減すべく努力している。タッチIDセンサーにはサファイアクリスタルが採用され、読み取り精度の問題に対応している。また、読み取られた指紋は暗号化されて端末内にだけ保存される。この点は重要だ。クラウド上で保管されることはないため、プライバシー侵害や悪意ある侵入は困難になる。

iPhone5Sでは、そのテーマにおいてこのような解決策を提示しました。現段階では、ベストであるとのこのであろうが、それでも今後の進歩においては、この判断がウィークポイントになる可能性があることを忘れてはいけないと思います。

どんな技術も、人が作ったものなのですから。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です