SNSといえば、過去にはmixiがあり、今ではFacebookやツイッターがありますが、どのSNSが利用されているかの調査結果が出ています。

こんな感じの調査をインターネットコムとgooが実施しました。

調査対象は全国10代~50代以上のインターネット ユーザー1,091人。男女比は男性53.5%、女性46.5%。年代比は10代5.1%、20代24.3%、30代21.4%、40代17.1%、50代以上32.1%。
どのような SNS にどの程度のユーザーが登録しているのだろうか。これまでに登録したことのある SNS を複数回答で答えてもらったところ、登録者数トップ3の SNS は「Facebook」(43.1%)、「Twitter」(34.1%)、「mixi」(29.5%)の順。「Facebook」がわずかながら増加傾向、残る2つが横ばいという状況に変化はなく、そのほかの SNS についても変わりはない。また、これまで SNS に登録したことのない人は31.9%、以前登録していたものの現在未登録の人は4.8%いた。
次に、今回は SNS の利用頻度について調べるため、SNS 登録経験者691人(全体の63.3%)に「もっとも利用頻度の高い SNS を教えて下さい」と質問してみた。結果は登録者数と同じく、トップ3は「Facebook」(47.8%)、「Twitter」(28.9%)、「mixi」(13.9%)となった。そのうえ、こちらも「Facebook」の利用頻度がもっとも高いとする人は増えており、SNS 利用者が「Facebook」へ集中しつつあるのだろうか。

ユーザーは Facebook へ集中しつつあるのだろうか?―定期調査「SNS利用」(4)

Q:もっとも利用頻度の高いSNSを教えて下さい
(2013/11/18~11/21 10代~50代以上のインターネットユーザー1,091人中、SNS 登録経験者691人)

Facebook独り勝ちという感じでしょうか?実際、コミュニケーションプラットフォームで話題にでるのは、ツイッターとフェイスブックで、それぞれ用途が異なる感じで使い分けている人が多いように感じます。

ゲーム系のプラットフォームは、ゲームをやる人にとっては便利なのでしょうがそれ以外の人にとっては、登録するメリットが見えないし、あまりゲームをやる自分と日常の自分を共通の基盤で整理するのには無理があるのかなと感じます。

そういう文脈で考えるとLINEがこれからのFacebookの脅威になりえるのか、それとも共存してゆくのかが興味深いところですね。

Post Navigation