サムスンがGalaxyの新型「Galaxy S5」を発表したようですよ。

スペインのバルセロナで開催されてる「Mobile World Congress 2014」で大方の予想どおり、サムスンの新型「Galaxy S5」が発表されました。

GALAXY S5は5.1インチのフルHD有機ELディスプレイ(SUPER AMOLED)を搭載するフラッグシップモデル。GALAXY Sシリーズとしては初めて、防水防塵仕様や指紋認証機能を搭載している。

カメラは、16メガピクセルのメインカメラ。通信機能は、カテゴリー4のLTE、MIMO、IEEE802.11ac対応のWi-Fiをサポートする。

また、GALAXY Sシリーズとしては初めて、防水防塵仕様に対応した。IP67相当のスペックで、日本の防水対応スマートフォンと同じく、一時的な水没にも耐える。バッテリー容量は2800mAh。標準で10時間のWebブラウジングができる。ホームボタンにはGALAXY Sシリーズとしては初めて、指紋認証センサーが搭載された。このセンサーでは、富士通のARROWSシリーズが搭載するものと同様に、指をスライドさせて指紋を読み取るという使い方。指紋認証は端末のロック解除だけでなく、モバイル決済などにも利用できる。

CPUは2.5GHzのクアッドコア。システムメモリは2GBで、ストレージは16GB、もしくは32GB。64GBまでのmicroSDも利用できる。OSはAndroid 4.4.2。無線LANは、IEEE 802.11a/b/g/n/acに対応し、MIMOやHT80(80MHz幅通信)もサポートする。Bluetooth 4.0およびANT+にも対応する。このほか、USB 3.0やNFC、赤外線リモコン機能などもある。

大きさは142×72.5×8.1mmで重さは約145g。GALAXY S4に比べると、画面が5インチから5.1インチに大きくなり、防水仕様になった分、サイズと重さが増している。

Galaxy S4の時は、触ってみた感じは良いのだけれど、スペック的には今欲しい!というような感じがしなかったけれど、今回のS5は、ちょっと欲しくなる端末になったかなという気がします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です