iOS7.1がリリースされたようですよ。

アップルが提供するiPhoneなどに使われているOSのiOS7.1バージョンがリリースされたようでです。

Appleが、同社スマートフォンおよびタブレット向けモバイルソフトウェアの最新版である「iOS 7.1」をリリースした。

同ソフトウェアは米国時間3月10日、大幅に刷新された「iOS 7」がリリースされてからあと1週間で6カ月というタイミングで、ダウンロード提供が開始された。

同最新版ソフトウェアは、「iPhone 4」以降、「iPad 2」以降、「iPod touch」(第5世代)に対応する。

iOS 7.1では、一部の早期ユーザーを悩ませていたいくつかのバグが修正されているほか、通話発信や電源オフの機能に視覚的な変更が加えられているなど、ユーザーインターフェースのデザインが少し調整されている。

また同ソフトウェアには、以下のようないくつかの新機能も追加されている。

—-

「CarPlay」:以前は「iOS in the Car」と呼ばれていた、iPhone通話、音楽、地図、メッセージングをサポートする機能。「iOS」に内蔵された音声アシスタント「Siri」によって、一部の機能を制御することもできる。

—-

カメラ設定の拡張:「iPhone 5s」で自動的にHDRモードを有効化できる設定が追加されている。
「Touch ID」の改善:指紋認証を制御するソフトウェアが改良されて、指紋認識能力が向上している。

提供:CNET, ZDNet

バグ等の騒ぎもあったiOSですが、最新版がリリースされました。機能追加などもあるようですので、iPhoneユーザーは早めにアップデートしたほうがよさそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA