あのケンタッキーが新業態「大人ケンタッキー」をスタートさせたようですね。

クリスマスの時期には、バカ売れする商品の代表選手、ケンタッキーがあたらしく「大人ケンタッキー」を始めたようです。

日本ケンタッキー・フライド・チキンでは、ケンタッキーフライドチキン(KFC)の新たなサービス形態として、オフィス街のビル内へ出店する。ビールを提供する“大人ケンタッキー”として3月17日に、KFC「読売新聞東京本社ビル店」(東京都千代田区)をグランドオープンする。
KFC「読売新聞東京本社ビル店」は、KFCの新たなサービス形態として、オフィス立地のビル内に初めて出店する。オフィスワーカーをターゲットにコンセプトを“憩”とし、落ち着いた店内でモーニング&ランチ&カフェ時間帯を楽しむことができ、ディナー時間帯にはテーブルサービスで、ディナー専用メニューをビールと一緒に楽しむことができる。ディナータイムには、KFC初の「タッチパネル」を使ったオーダー端末を各テーブルに設置する。

<中略>
ディナータイムには「五穀味鶏のやわらかコンフィ~ハツと砂肝添え~」をはじめ5種類のパスタ、サラダ、通常のKFCでは提供していないスイーツなど、時間帯限定メニューを提供する。「オリジナルチキン」はこの時間帯も提供する。

普段は、重いので意外に食べないことも多いケンタッキーですが、パスタなどを追加した新業態店舗はどうでしょうか。ケンタッキーを食べる時は、立食パーティーは親睦会などの時が多い気がするので、会社帰りに課内の親睦会などをここでやると、後片付けの手間が省けてよかったりしそうな気がします。

基本的には、重いけどおいしいと思いますが、あの手がべたべたするのはどうにかならないのでしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です