office365にパーソナル版が米国で発売。日本では?

マイクロソフトは、クラウド型オフィスアプリケーションのoffice365の個人利用版となる、offfice365Personalを発表したようですね。

料金は年額69.99ドルまたは月額6.99ドルで、これまで最安のOffice 365 Home Premiumに比べて約3割安く利用できる。

そもそもoffice365HomePremiumが販売されていない日本では、このパーソナルも販売されるかわかりませんが、年間約7000円で最新版のオフィスを使い続けることができるのであれば、結構良いプランかもしれません。

なんだかんだ言っても、マイクロソフトのオフィスは必須な環境の一つですし…。

Personalでは、一度に1台のPCまたはMac、そして1台のタブレットを同時利用可能。料金には最新版のOffice、1か月最大60分のSkype通話、OneDriveストレージ容量の追加分20GBが含まれる。コラボレーションに強いブラウザー版Officeである「Office Online」も利用できる。

最新版のオフィスとは、どこまでをいうのでしょうか?アクセスは入るの?

VISIOとは?と範囲が気になりますが、たぶんアクセスまでなのでしょう。

個人的には、VISIOとProjectが入っていたら即買いなのですけどね。

今後、日本で提供されるかが気になります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です