MVNOの値下げを期待していいのかな。

NTTドコモへの接続料金などが、現在のMVNOの料金算出のベースになっているのは、よくしられたところです。その接続料金が下がるそうですが。

NTTドコモは3月24日、2013年度適用の事業者間における携帯電話のパケット接続料改定について、同日、総務大臣へ届出を行ったと発表しました。

今回の改定では、10Mbpsのレイヤ3接続が現行の月額369万1297円から179万5815円で51.4%の値下げ、10Mbpsのレイヤ2接続で現行の月額284万6478円から123万4911円で56.6%の値下げが行なわれている。なお、改定されたパケット接続料については2013年4月1日に遡って適用される。

<中略>

ドコモの資料によると、2008年にはレイヤ3接続で2008年には1441万円であった接続料が、2013年度には約180万円まで低廉化しており、5年で約10分の1までパケット単価が下落した。これにより、MVNO各社のデータ通信サービスの料金低廉化が進む可能性がある。同社では「今後も接続料の低廉化に努めていく」としている。

大きく値段を下げてきたパケット接続料

これだけを見ると、MVNOの金額が、半額近くなるのかなと素朴に期待していまいますが、いろいろなコストを考えるとそうは簡単にいかないのでしょう。

しかし、MVMOの仕入である接続料がこんだけ下がったちうことは、今後のサービスに大きい影響を与えるのでは、ないでしょうか。それは、料金は下がらないけどスピードが、400K~500Kへ増速されるとか、ボーナスクーポンが増えるなど・・・。

ちょっと、今後の展開が楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA