Appleが4.7インチのiPhone6と5.5インチのiPhone6plusを発表しましたね。でも、新しい驚きは少なかったような。

Appleが新型のiPhoneとなる「iPhone6」を発表しました。前評判でいくつかでていたものが採用されたのと新しい時計型端末が提供されました。

でも、驚きのある新製品というわけではありません。あとは、アップルらしい使い勝手が洗練されていれば、評価も高まるのではないでしょうか?

各社が記事にしていますが、ここではアスキーの記事を紹介します。

アップルは、4.7型の「iPhone 6」、5.5型の「iPhone 6 Plus」を発表した。カラーバリエーションは、それぞれシルバー、ゴールド、スペースグレイ。容量は、それぞれ16GB、64GB、128GBの3タイプが用意されている。すべて、TD-LTE/VoLTE、IEEE 802.11acおよびNFCを新たにサポートしている。予約注文は9月12日から、発売は9月19日8時。

オンラインのアップルストアでは、SIMフリー版のみ扱っており、iPhone 6の価格は、16GB:6万7800円(税別)、64GB:7万9800円(税別)、128GB:8万9800円(税別)となっている。iPhone 6 Plusは、16GB:7万9800円(税別)、64GB:8万9800円(税別)、128GB:9万9800円(税別)。

iPhone 5Sとのサイズ比較

最大解像度1920×1080ピクセル(401ppi)の
5.5型「iPhone 6 Plus」

iPhone 6 Plusは、最大解像度1920×1080ピクセル(401ppi)の5.5型Retina HDディスプレイ(IPSテクノロジー)を採用。sRGB規格にフル対応で、最大輝度500cd/m2。本体サイズは、幅77.8×厚さ7.1×高さ158.1mmで、重量は172g。

CPUとしては64bit CPU「A8」、また「M8モーションコプロセッサ」を搭載。

カメラ機能としては、8メガピクセルのiSightカメラ、1.2メガピクセルのFaceTimeカメラを内蔵。iSightカメラは、ƒ/2.2の開口部、Focus Pixelsを使ったオートフォーカス、光学式手ぶれ補正、自動手ぶれ補正などの機能を備える。1080p HDビデオ撮影(30fpsまたは60fps)、スローモーションビデオ撮影(120fpsまたは240fps)も可能だ。FaceTimeカメラは、1280×960ピクセルの写真撮影、720p HDビデオ撮影が可能となっている。携帯電話ネットワーク経由のFaceTimeは、H.264/H.265を使用。

センサー類としては、NFC、指紋認証センサー「Touch ID」、気圧計、3軸ジャイロ、加速度センサー、近接センサー、環境光センサーを搭載。インターフェースは、Lightningコネクター。通信機能は、IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.0+LE、また4G LTE、TD-LTE/VoLTE対応。

対応SIMカードはnano-SIM。バッテリー駆動時間は、Wi-Fiでのインターネット利用時が最大12時間、4G LTEでのインターネット利用時が最大12時間。HDビデオ再生時が最大14時間。連続待受時間は最大10日間(250時間)。OSはiOS 8。

最大解像度1334×750ピクセル(326ppi)の
4.7型「iPhone 6」

iPhone 6は、最大解像度1334×750ピクセル(326ppi)の4.7型Retina HDディスプレイ(IPSテクノロジー)を採用。本体サイズは、幅67.0×厚さ6.9×高さ138.1mmで、重量は129g。

このほかスペックはiPhone 6 Plusとほぼ同様。iSightカメラは光学式手ぶれ補正機能を非搭載。

バッテリー駆動時間は、Wi-Fiでのインターネット利用時が最大11時間、4G LTEでのインターネット利用時が最大10時間。HDビデオ再生時が最大11時間。連続待受時間は最大10日間(250時間)。

大きさとしては、無印のiPhone6なのですが、FullHDの液晶となると、Plusも捨てがたいですね。どちらもVoLTEなどに対応するようですので、どのようなプランで販売されるか気になるところです。

そういえば、各社は今日あたり専用プランの発表を行うのででしょうか。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です