オンラインストレージのBoxが新サービスを発表

オンラインストレージサービスを提供しているBoxが新しいサービスを発表したようです。

このサービスは、マイクロソフトのOffice365とも連携するようです。

インターネットウォッチが記事にしているので紹介します。

オンラインストレージの米Boxは3日、米国サンフランシスコで開催中の「BoxWorks 2014」会議において、新サービスとなる「Box Workflow」などを発表した。BoxのストレージとMicrosoft Officeを連動するツールのベータ版や、テキスト編集機能「Box Notes」の新機能などが併せて発表された。

Boxは企業向けオンラインストレージに力を入れている。新発表された「Box Workflow」は、従業員がクラウドに保存したファイルを、企業ごとのワークフロー、ビジネスプロセスに基づいて自動処理するための一連のツールだ。

企業は自動処理の仕方として、Box内でファイルに関連して発生するイベントやアクションに応じてルールを設定できる。さらに、一般的なファイル名やフォルダ名による処理だけでなく、機械学習技術を利用した文書コンテンツに応じた分類やレコメンドを、人手を介さずに実行できるようになる。

また、「Box V2 API」を使用してコンテンツ、コラボレーション、メタデータ関連イベントに直接アクセスできるようになり、Boxプラットフォーム上にサードパーティー企業を絡めたカスタムプロセスが構築可能となる。

この自由度によって、Box Workflowは、営業、財務、マーケティングなど、企業内のあらゆる部門で活用できるとしている。Box Workflowは来年にかけて公開される予定だ。

また、3日からは「Box for Office 365」ベータ版が公開された。Boxアカウントから直接Officeファイルを開き、保存できるほか、Boxに保存されているファイルへの暗号化リンク作成、ダウンロード期限の設定も可能になった。

公開は今年7月時点で予告されていた。Word、Excel、PowerPointとBoxストレージの連動が強化されている。このベータ版はWindows 7以上のOffice 2010以上に対応している。なお、Outlookやその他のOffice製品への統合は準備中で、今後数カ月間での発表を予定している。

様々な機能が追加されるようですが、このようなオンラインストレージは、ブラウザ上でのデータ加工などに弱いケースも多かったので

このような方向は嬉しいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です