関東以外の人は関係ない?いやいや2015年3月に開通する「上野東京ライン」は東京に来る人には関係大なのです。

関東圏のひとは、東京駅と上野駅の間で工事をしているのを一度はみたことがあるのではないでしょうか?そんなJR東日本の新線「上野東京ライン」が2015年3月14日に開通すると発表されました。

埼玉方面と神奈川方面は、すでに湘南新宿ラインで結ばれているのでメリットはそこまで大きくないかもしれませんが、常磐線は取り残されたようにすべての列車が上野どまりでしたので、期待も大きいのではと思います。そんな内容をマイナビで記事にしているので、紹介します。

 

JR東日本は2015年3月14日の上野東京ライン開業にともない実施する宣伝展開などについて発表した。上野東京ラインのロゴも各種宣伝物などで使用される。

上野東京ラインは上野~東京間に在来線を新設し、上野駅止まりとなっている宇都宮線・高崎線・常磐線と、東京駅止まりとなっている東海道線の直通運転を実施。乗換えの解消や所要時間の短縮、並行する山手線・京浜東北線の混雑緩和などが期待されている。JR東日本の発表によれば、上野東京ラインの開業後、宇都宮線・高崎線と東海道線の相互直通運転を行い、常磐線も朝通勤ピーク時間帯(東京駅おおむね8~9時頃)以降、品川駅まで直通運転を実施、新たな特急「ひたち」「ときわ」も運転開始されるという。

上野東京ラインのロゴは、上野駅・東京駅を中心に、直通運転を行う各路線をイメージしたデザインに。駅のポスターやパンフレットなど各種宣伝物で使用される。上野東京ラインおよび特急「ひたち」「ときわ」をPRする駅のポスターも制作される。

 

やはり常磐線が品川まで直通されることでの効果などをアピールしていこうということのようですね。

いままでは、上野駅で乗り換えしていたのが、このようになってくると上野駅の利用がますます減ってしますのではないかなと思い、どのようになるか気になりますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です