行政のアックアップって2週間もかかっていたの?の巻

行政組織もIT化というのは当然進んでいて、大量のデータを扱うようになっているわけです。そして、そのデータはとても重要なわけでバックアップをするのですが、結構大変なようです。

そんな状況を改善するソリューションのニュースがインターネットコムに掲載されていましたので紹介します。

 

千葉県市川市の庁内業務サーバーバックアップ運用改善プロジェクトで、ネットワールドが販売する CommVault のデータ統合管理ツール「Simpana」と、NetApp のネットワークストレージ「NetApp FAS3250」が採用された。

データ統合管理ツール Simpana は、データ保護、アーカイブ、レプリケーションなどの機能を単一のプラットフォームで完結できる製品。VMware や NetApp ストレージとの親和性も高く、柔軟な連携機能も備わっている。

新しいバックアップシステムでは、1次バックアップを NetApp の「Snapshot」機能で取得し、2次バックアップを Simpana による D2D バックアップで実施し、さらに磁気テープへバックアップをする運用に変更した。
これにより、これまで約2週間かかっていたフルバックアップが大幅に短縮され、約3日間で完了するようになった。また、Simpana の重複排除機能による重複排除率は約76%で、2世代分のバックアップ実容量が 31.40TB から 7.62TB に削減された。
さらに、SSD をキャッシュとして利用する NetApp の「Flash Pool」機能により、性能は以前に比べて約15倍向上、レスポンスやファイルアクセスが高速化されたそうだ。

2世代分のバックアップ容量が31Tというのは人数を考えれば妥当かもしれませんが、そこそこな量があると思います。

それ以上にフルバックアップの期間が2週間というのはどうなのでしょうか?この途中に差分のバックアップなどもあるのでしょうが、時間がかかりすぎではとも思うところです。

それが、3日で完了するようになれば約5分の1ですのでその分を市民サービスに向けてもらいたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です