amazonもリアルメディアでの告知を実施。

オンラインサービスの代表選手であるAmazonですが、今回リアルメディアである鉄道でのラッピング電車に広告を出稿するようです。

 

 

アマゾン ジャパン(株)は8日、Amazon.co.jpで7日間限定のセール「Cyber Monday 7日間限定セール」を開始した。

米国では、ネット通販の売上が急増する感謝祭明けの月曜日を「Cyber Monday」と呼んでおり、同セールも記念日の月曜から開始。400点以上の商品が、毎日「タイムセール」の対象となる。日替わりで販売される「本日の特選商品」には、「Amazonほしいものシェアキャンペーン」にランクインした商品も登場。同ランク1位の「PlayStation4」の本体は、14日に登場する。また、セールに合わせ、同日からJR東日本中央快速線に「Amazonトレイン」が登場。車内ではAmazonのサービスを視覚的に体感できるほか、Amazonオリジナルの動画を放送する。

■「Cyber Monday7日間限定セール」

■期間限定「Amazonトレイン」

楽天などは、TVCMを実施したりオフライン/リアル系メディアを結構使っています。しかし、アマゾンはオンラインメディアでの告知はネットを使っていると多く見かけますがリアル系メディアでのプロモーションはほとんどなかってような気がします。

このようにamazonnでさえもリアル系メディアを使ったプロモーションを実施するということはオンライン内でのプロモーションに限界があると共に、オンライン内でamazonユーザーになる見込みの人はほとんどユーザーになっているという見立てなのでしょうか。

このプロモーションの本当の理由を知りたいですね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です