ECサイト構築のデファクト「EC-CUBE」が「EC-CUBE3」となって大幅に変わるらしい。

EC-CUBEといえば、オリジナルなECサイトを構築しようとしている人にはまず検討するソフトウェアだと思います。

そんなEC-CUBEが進化して「EC-CUBE3」となるようです。

Eコマース関連ソフト開発のロックオンは、EC構築オープンソース「EC-CUBE」の進化版「EC-CUBE3」の開発を開始した、と2月10日発表した。EC-CUBE3は、スマホアプリやPOSレジ、IoT(インターネットにテレビやオーディオなどを接続する技術)対応を視野に入れた次世代ECオープンプラットフォームで、3月にはβ版、5月に正式版を提供する予定だという。

EC-CUBE3は、標準機能のほぼすべてをAPI化し、周辺サービスやアプリケーションとの連携をシームレスに実現する。内部機構はPHPマイクロフレームワークであるSilexを採用予定で、拡張性と開発効率の向上を図っている。管理画面を刷新し、タブレットなどタッチデバイスでも快適に使えるメニューにした。「安心・安全」「対応環境への柔軟性」「あらゆる要求をかなえる拡張性」の3点を軸に、特に拡張性の向上を追究した。

EC-CUBE3
http://www.ec-cube.net/product/info_3.php

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

 

いままでもOSSながら完成度の高さが素晴らしかったですが、こんどのバージョンはどのようになるか楽しみです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です