これがビジネス版もあるならば、最強ツールかもしれない。

マイクロソフトは、外部からoneDriveを使えるようになるAPI「oneDriveAPI」を発表したそうです。

このAPIを使えば、他のアプリからoneDriveのデータへアクセスすることができようになります。これが、オフィス365等で導入されているビジネス版にも適用されるならオンラインストレージの最強ツールになるかもしれません。

 

米Microsoftは2月24日(現地時間)、新たに「OneDrive API」を公開した。同APIを利用することでアプリ開発者はファイルやフォルダを管理するオンラインストレージとしてOneDriveをアプリに統合できる。Windows、iOS、Android、Webをサポートする。

同社はOneDrive APIのページを設けて関連するドキュメントやコードサンプルなどを提供している。OneDrive APIはMicrosoftが同社のアプリで使用しているのと同じAPIだ。OneDrive担当のプリンシパルプログラムマネージャーであるRyan Gregg氏は「全ての開発者がOneDriveの全ての機能にアクセスでき、プラットフォームが発展し続けるための土台としてOneDrive APIを提供する」と述べている。OneDriveへの高速なアクセスを提供するほか、以下のような機能を含む。

ファイルやフォルダの変更を取得して、複数のファイルセットを最小限のコールで同期。
HDビデオなどサイズの大きなコンテンツでも最大10GBまで対応、断片的なアップロードで中断・再開が可能。
アプリとOneDriveで統合的な体験が得られるようにサムネイルイメージのカスタマイズをサポート。

このAPIは、スマートフォンアプリでのoneDrive連携や業務アプリのoneDrive連携などイメージが膨らみますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA