IEも独自ブラウザから卒業か?

IE(インターネットエクスプローラ)といえば、マイクロソフトのオリジナルブラウザで、独自実装も多く悪名高き存在でした。昨今は、ウェブ標準に近づいてきましたが、それでも他のブラウザと比べるとブラックボックスの部分が多く、使いにくいというところが実情だったような気がします。

そんな、IE(インターネットエクスプローラ)ですが、大きく方針転換されるようです。

 

米Microsoftは24日(現地時間)、Windows 10に合わせて開発中の次期Webブラウザ「Project Spartan」(コードネーム)において、広く他社からの協力を仰ぎ、コードベースで他社の技術を実装していくと発表した。

Microsoftは、オープンなWebプラットフォームの構築を目指し、業界や他社にフィードバックをするなどの協力を行なってきたが、Internet Explorer(IE)に他社がコードベースで何かしらの協力することは困難だった。そのため、Adobeなど業界標準に関わる大手企業が、Webkit、Blink、Geckoといったオープンソースのブラウザに自社技術の実装に積極的に関わっていくのに対し、IEでは対応が遅れることがしばしばだった。

しかし、Project Spartanではこの方針を一転させ、コードベースで共同開発を行なっていく。Project Spartanはまだ一般には公開されていないが、先日配信が開始されたWindows 10テクニカルプレビューのアップデートには、既にAdobeとの協業による実績が盛り込まれている。

ブラウザのURLに「about:flags」と入力して表示される、「Experimental Web Platform Features」を有効にし、新しいレンダリングエンジンを使えるようにすると、IEでも「CSS Gradient Midpoints」や、「feBlend」といった機能が利用できるようになる。

これで、IEの実装も他のブラウザ同様のレベルになり、検証の手間や専用のコードを書く量が減ればよいなと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です