Facebookメッセンジャーが独立アプリ化

連絡は、Facebookメッセンジャーという人もいるかと思いますが、一旦Facebookにログインしなくてはいけないのが意外と面倒という方も多いと思います。そんな人に朗報です。

Facebookメッセンジャーが単独アプリとして使えるようになりました。

フェイスブックはMessenger機能のみをウェブから利用できるサイトMessenger.comをオープンした。

フェイスブックは2014年にモバイル向けFacebookアプリ内からのメッセージ送受信機能を廃止し、ニュースフィードを見るための「Facebook」とメッセージのやり取りに利用する「Messenger」という2つのアプリに分けた。

Messenger.comは、ちょうどモバイル向けMessengerアプリをウェブアプリにしたようなサイト。メッセージのやり取りのみが利用可能で、ニュースフィードを中心としたFacebookの主なコンテンツを閲覧することはできない。

ログインページよりFacebookアカウントを使用してログインすれば、利用できる。

 

この単独のメッセンジャーアプリは、Facebook本体と連携しないことを考えると、Facebookの今後の方針が透けてみえてくるような気がしますね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です