Androidの実機検証システムがオープンソース化なんだけど。それがサイバー社なんだよね。

Androidの実機検証は、端末のフラグメント化が激しくどこまでを対象とするか悩ましいところなのですが、そんな悩みを解決するシステムが公開されました。

それは、サイバーエージェント社が開発して検証システムでOSS化されて自由に使えるというもののようです。一抹の不安は、サイバー社ということでこの利用データを収集してビッグデータ化して利用することで、売上の向上を見込んでいるので?なんて考えてしまいます。

サイバーエージェントは、最新機種を含む170機種以上のAndroid端末に、ブラウザからアクセスして実機検証を行えるシステム「STF-Smartphone Test Farm」を開発し、オープンソース化したと発表した。関連するデータはGitHubで公開されている。

「STF」は、Androidの最新端末を含む170期種以上の端末に対応。アプリやサービスの開発者は、Webブラウザからリモート操作で複数の端末に同時にアクセスでき、開発中のアプリやWebサイトについて、実機での動作検証を効率的に行える。

端末のシステムログのリアルタイムでの取得や、APKファイルのドラッグ&ドロップでのインストール、リモートシェルコマンドの実行などの機能を備え、Android StudioやEclipseなどの開発ツールと連携も行える。

2015年6月末時点の対応OSは、Android 2.3~5.1、Android M(プレビュー版)、Android Wear 5.1、Fire OSなど。システムは日本語及び英語をサポートしている。対応OSは、オープンソース化されたことで今後増える予定としている。

サイバーエージェントでは、今回の検証システムの開発とオープンソース化で、業界全体の発展に寄与していくとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA