GMOクラウドがVPSサービスを刷新したようです。

GMOグループの中でもVクラウド系サービスを主に担当しているGMOクラウドのVPSサービスが、刷新して新しいプランになったと発表されました。

VPSは、特定の仮想化されたサーバが提供されます。Root権限も提供されて自由にアプリケーションを導入できるところが魅力です。オートスケールなどの機能には弱いですが、その分コストパフォーマンスでの魅力で利用している人も多いと思います。今回の新しいプランが最低価格が780円ということですので、開発やテストなどで利用するにもちょうどよい感じなのではないでしょうか。


GMOクラウドは8月4日、クラウド基盤のVPS「GMOクラウドVPS」を大幅刷新した。リニューアル後はメモリ容量「1GBプラン」を国内最安級という月額780円(税別)で提供し、ハイエンド層にも対応した全6プランで展開する。同時にSLA 99.99%も実現している。

GMOクラウドVPSは、ユーザーの希望や目的に応じて、OSやプログラムを選択できる自由度の高さが特長のVPSサービス。設定・構築を簡単に行えるパッケージやGUI、設定代行サービス、SLA保証制度など、各種サービスも充実している。

今回のリニューアルでは、以前から要望が多かったという「1GBプラン」を用意し、「国内最安級」をうたう月額780円(税別)での提供を始めた。今まではメモリ2GBからのプラン展開だったが、従来通り多数のOSテンプレートやサーバー管理ツール「VPSコンソール」も標準搭載する「1GBプラン」により、さらに幅広いニーズに応えるという。

また、無料テンプレートとして最新の「CentOS 7」を追加。同OSテンプレートには、サーバー管理ツール「Plesk12」がすぐに使える「CentOS 7.1 Plesk12 x64」も搭載している。加えて、サービスの品質を保証するSLAにおいて99.99%を実現。従来の99.95%とくらべて、SLA対象外の時間が1/5となり、より安心してサービスを利用できるとのこと。

同社では、今回のリニューアルを記念して「1GBプラン」の初期費用(月額税別4000円)を全額キャッシュバックするキャンペーンも実施。1GBプランを含めて訴求を狙う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA