NTT東日本のあずけーるPROに機能追加

最近、中小企業向けマイナンバー対策やセキュリティ対策としてさかんにCMされているNTT東日本のあずけーるPROですが、今回アクセスログ管理機能が追加されたようです。

マイナンバー対策としては、何かがあったときにその情報にアクセスしたのがだれかということが把握できる必要がありました。しかし、そのようなソリューションは高価なものが多かったのですが、今回そのような課題を解決できるもののようです。

東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は6日、中小企業向けのオンラインストレージサービス「フレッツ・あずけ~るPROプラン」に、オンライン上に保管しているデータのアクセスログ管理機能を追加し、提供を開始した。

「フレッツ・あずけ~るPROプラン」は、回線認証機能や端末認証機能、遠隔アクセスロック機能などを備える、中小企業・SOHO向けのオンラインストレージサービス。マイナンバー制度の通知・施行を控え、NTT東日本では企業のマイナンバー対策をサポートする機能として、アクセスログ管理機能を追加した。

アクセスログ管理機能は、いつ、誰が、どのファイルに何をしたのかを自動で収集し、検索・閲覧・確認が行える。この機能により、中小企業などがマイナンバーを扱うたびに紙の管理簿などで管理する必要なく、マイナンバーガイドラインに準拠した管理・運用を効率的に行うことができるとしている。

利用者ごとにログインIDを追加料金不要で最大999個まで払い出すことが可能で、ログインIDごとの操作履歴を自動収集し、管理者が検索・閲覧・管理することが可能。ファイルごとにアクセスや操作履歴の管理が可能で、すべてのログを自動収集し、CSVで出力できる。アクセスログは過去1年間分がクラウドサーバーに自動収集される。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です