Flashもいよいよ最終章へ向かっているようです。

Windowsのデフォルトブラウザは、IE(InternetExplorer)ですが、最近のスマホの普及に伴ってGoogle社によるGooglechromeを使う人も増えています。そんなGooglechromeでは、Flashの再生をデフォルトでは停止する機能を提供するようです。

最近は、Flashでコンテンツを作成していた部分もJavaScriptとHTML5の組み合わせなどで表現するなど、Flashに頼らなくてもコンテンツを制作できるようになってきました。でも古いコンテンツなど、実際にはFlashが使われている箇所も多数あるので影響もまだまだあるのではないでしょうか。

Googleのさらなる一撃によって、「Flash」の存続性はますます危うくなりそうだ。同社は、「Chrome」デスクトップ上で多数のFlash広告を自動再生しないようにする機能をまもなく提供する。

「Photoshop」体験をモバイルに--アドビが取り組む写真編集アプリ「Project Rigel」とは
「Photoshop」体験をモバイルに–アドビが取り組む写真編集アプリ「Project Rigel」とは

この機能は6月にChromeベータ版にリリースされたもので、米国時間9月1日から一般提供される予定だ。Googleは、ChromeでFlashをあからさまに遮断するわけではないが、動画などの「中心的コンテンツ」の再生のみを許可し、Flashアニメーションなどの周辺コンテンツは一時停止させる。

Googleは8月27日、この機能によって「多数のFlash広告が一時停止」されると述べた。Chromeユーザーは、望めばFlash広告を実行するように選択できるが、Chromeのコンテンツ設定で手動で有効にする必要がある。

「Chrome」、重要でない「Flash」コンテンツをデフォルトで停止へ
「Chrome」、重要でない「Flash」コンテンツをデフォルトで停止へ

Amazonも、Chrome、Mozillaの「Firefox」、Appleの「Safari」でFlashコンテンツが制限されることを理由に、9月1日からamazon.com上でのFlash広告の表示を避けるとしている。

Googleは、Flashを回避する理由を、ノートPCのバッテリ持続時間とパフォーマンスに与えるChromeの影響を緩和するためと説明している。「Mac」版Chromeについて寄せられる主な苦情の1つに対処するものだ。

それは事実だが、ChromeでFlashを排除することには、デスクトップコンピュータに対する最大のセキュリティ脅威の1つから広告業界を遠ざけるという副次的なメリットもある。Flashの脆弱性(多くはGoogleの研究者が発見)は頻繁にハッカーの標的となり、「Windows」ユーザーと「Mac」ユーザーの両方に影響を及ぼしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA