Netflixがいよいよ日本でもスタートしたようですね。

アメリカでは、映像配信サービスの代表選手であるNetflixがいよいよ日本でストリーミングサービスの提供を開始しました。もともとは、DVDレンタルを行う会社でしたので、そこまでネット企業のようなポジションは持っていなかったように思います。

それが、最近ではオープンはYouTubeで、完成された作品はNetflixという流れが定着しつつあるように感じます。このように大々的にスタートしたけれどうまくいかなかったサービスも多いので、どのような結果になるかが楽しみですね。

Netflixは9月1日、都内でローンチパーティーを開催。司会に南海キャンディーズの山里亮太さん、ゲストとして女優のペ・ドゥナさんやラヴァーン・コックスさん、ウゾ・アドゥバさん、YOUさん、望月歩さん、エグスプロージョンを招き、大々的に国内でのサービススタートを祝った。

続けて、「こんなにたくさんの人が集まってくれたのだから、せっかくなら今、スタートしちゃいましょうか」と話すと、壇上で本社に電話して許可を取った上で、急遽9月2日に開始する予定だったサービスを、前倒しして国内でスタートさせた。

イベントの最後には、映像化・Netflixでの配信が決まった本年の芥川賞受賞作品「火花」の作者、ピースの又吉直樹さんが登壇し、「ネットフリックス」と書かれた法被を着て喜びを語った。

Netflixは米国発の動画配信サービス。米国では1998年のサービススタート以降、徐々に人気を集め、現在ではケーブルTVに近い感覚で利用され、絶大な人気を誇っている。日本はアジア初のローンチ国で、すでに「Netflixボタン」を搭載するTVがソニーやバナソニックなどから販売されている。またフジテレビとはコンテンツパートナーとして業務提携しており、人気番組「テラスハウス」の続編「TERRACE HOUSE BOYS&GIRLS IN THE CITY」がNetflixで独占して配信されるなどして話題になっている。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です