office2016がリリースされました。

マイクロソフトのオフィスソフトの最新版となるoffice2016がリリースされました。現在は、office365に代表されるように、パッケージを購入するというより定期的に利用権を購入するという形なので新しいバージョンに伴うイベントなども聞かずにさらっとした感じですが、

機能としてはいくつか強化されたところがあるようです。

 

米マイクロソフトは現地時間9月22日、「Office 2016」の提供を開始した。Windows向けOfficeデスクトップアプリ(Word、PowerPoint、Excel、Outlook、OneNote、Project、Visio、Access) の最新バージョンが提供される。

Word、PowerPoint、OneNoteで共同編集機能が使用可能になっているのが特徴。特にWordのリアルタイム入力機能では、ほかのユーザーの編集内容をその場で確認できる。

また、クライアントアプリにSkypeが統合できるようになったため、ドキュメントから直接IMの送受信、画面の共有、音声/ビデオ通話が実行可能。OneDrive、Skype for Business、Delve、Yammer、企業向けセキュリティー機能なども提供されるほか、新アプリ「Sway for Windows 10」も追加されている。

さらに「Office 365 Planner」という新サービスも発表された。チームでの作業の整理に利用できるサービスであり、視覚的なダッシュボードやメール通知を利用して、新しい計画の作成、タスクの整理と割り当て、期日の設定、ステータスの更新などが可能だという。10月より開始されるOffice 365先行リリースのユーザーを対象に、プレビュー版として提供が開始される。

「Office 2016」アプリは、Windows 7以降で使用可能。Office 365サブスクリプションを利用している場合、サブスクリプションの一部として新しいOffice 2016アプリをダウンロードできる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA