Yahoo!Japanでビデオ広告の配信ぷラットフォームがかわったようです。

Yahoo!Japanでビデオ広告の配信プラットフォームが変わったとリリースされました。

ビデオ広告は、動画前などにCMを挿入してみてもらうものですが、今回の変更でビデオ広告の活用方法に幅がでてくるようです。

ヤフーは10月8日、ビデオ広告領域において、インストリーム広告の広告配信プラットフォームを、米Videologyのプラットフォームに10月に移行したと発表した。

インストリーム広告とは、動画コンテンツの前後や中間に挿入され、一定時間再生されるビデオ広告。ヤフーでは、映像配信サービス「GYAO!」の動画コンテンツなどに掲載されている。

Videologyのプラットフォームを活用することで、動画コンテンツにおける広告枠の時間が認識され、その時間内に複数のビデオ広告が連続配信できるという。また、その広告枠内において同一のクリエイティブや同業種の広告が連続して再生されないように自動制御する機能(競合隣接排除)のほか、精度の高い在庫予測機能や配信保証機能を備え、予約型配信に対応するという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA