IIJmioを導入してみました。

Wifiで運用していたのですが、公衆無線LANでも以外に電波状態の悪いところがあったりして

つながらない現象が起きていました。

そこで、最近話題のMVMOを導入してみました。

ネットでいろいろ調べてみるとb-mobileのイオン版は、最近は実効速度が遅いようなので却下。

で、今の瞬は、IIJmioかBB.Exciteのようなのですが、BB.ExciteはIIJからOEMのように仕入れて提供しているようです。

値段は、BB.Exciteのほうが多少安いのですが、長い目で見ると速度低下などがあったときの対応力では

IIJmioの方が早く対応しそうな気がしたのでIIJmioそして、決めたらする使いたいので

IIJmioのイオンバージョンをイオン葛西店にて購入しました。

イオン葛西店では、偶然ですがIIJmioのSIMが刺さった実機を使って、ダウンロードのスピードなどを

体験でたので、決心するのも早かったです。

実際に体験してみると、スマホ用のページであれば以外に早く表示されるので、この程度なら実用かなと

思い購入しました。

はじめにパッケージをあけるとSIMカードとスタートパスという電話番号(通話はできませんが)とパスワードが記載された

カードが同封されています。

そのSIMをスマホなどに挿します。

あとは、スタートパスに記載された番号を使ってIIJmioのサイトで契約手続きを進めます。

ここでは、クレジットカードとメールアドレスが必須なので、事前に準備しておきます。(大体は、手元にあると思いますが・・・)

指示にしたがって、名前や住所など必要事項を入力してゆきます。

あとは、スマホのAPNを設定すると3G回線へ接続しに行きつながれば設定完了です。

ためしにスピードテストをやってみたら、200K~300K程度がでていると表示されました。

(128Kという制限はいづれかかるのだろうか・・・)

実際に使ってみても普通に使える感じなので、このまま使ってみて、よいようならDocomoの回線を解約しようと

考えています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です