カジュアルウェアのライトオンがO2Oシステムを導入!

カジュアルウェアを販売している「ライトオン」は、富士通のクラウドサービスを導入して店舗でのポイントサービスをネット上でも見れるようにするみたいです。

富士通エフ・アイ・ピー株式会社(富士通FIP)のSaaS型ポイントサービス「ValueFront ポイントサービス」を採用し、4月1日より「Right-on新メンバーズカード」を提供する。

ValueFront ポイントサービスは、メンバーズカード会員データの収集・管理・分析・アプローチの機能をSaaSで提供するもの。ライトオンは店舗とオンラインサービスを融合し、顧客情報の一元管理を図るとともに、顧客への付加価値向上や効率的な販売促進を目指す。

目的は、どの企業もだいたい同じですよね。このお題目を達成することができるかが企業力だったりするのですが。

ライトオンでは従来、店舗でのカード、オンラインショップ、メルマガの会員情報を個別に管理しており、店舗とオンラインショップのポイントサービスには互換性がなかった。また、店舗とオンラインショップの購買履歴を比較することもできず、顧客分析・購買分析・キャンペーン効果測定も行えなかった。そのため、顧客の利便性向上と効果的な販売促進が課題になっていたという。

<中略>

ライトオン側では、ポイントサービス分析機能と連携させ、会員属性と利用状況に合わせた効果的なセールやキャンペーン情報を提供できるようになるほか、富士通マーケティングが提供する専門店向けPOS「TeamStore/S」とのリアルタイム接続により、ポイント情報の即時反映を実現している。

今後は「Valuefrontポイントサービス」の機能を活用し、SNSを活用したサービスなども提供することで、会員獲得策をさらに強化。新たな付加価値の提供で、ブランドロイヤルティの向上を目指すという。

このようなシステムが分断されて運用されていたことが、企業文化を物語っているような気がしてしまいます。各部署間の連携が少なく、それぞれが独自の動きをする。店舗は店舗で、オリジナルの販促を強くして、ブランド全体のメリットを生かせていない感じでしょうか。

せっかく、統一する仕組みを導入するのですから、この際企業文化も変える意気込みで取り組んでいただきたいと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です