Coinyが会計ソフトマネーフォワードと連携

スマホ決済サービスを提供しているCoinyは、クラウド型の会計ソフト「マネーフォワード」と連携することを発表したようです。

Coineyは、専用リーダーを使って、アプリを立ち上げることででカード決済が可能になるサービス。マネーフォワードは、家計簿を作成してくれるクラウド型の資産・家計管理ソフトです。

ここで気になるは、商店などの業務ベースで使われる想定のCoinyが家庭向けのマネーフォワードと連携するのかというところです。

CNETによると

今回の連携により、Coineyに登録された売上が「マネーフォワード 確定申告」と「マネーフォワード For BUSINESS(法人会計)」に自動でデータ入力されるようになる。事業者は会計ソフトへの売上データの入力が不要となるため、確定申告や経理・会計業務の手間を削減できるとしている。


「Coiney」と「マネーフォワード」の連携イメージ

なお、この前日となる3月19日には、リクルートライフスタイルの無料POSレジアプリ「Air レジ」と全自動のクラウド会計ソフト「freee」が連携したことが発表されている。Air レジはモバイル決済サービス「Squaere」と連携している。

法人向けのサービスもあるようですね、そうであればこの連携は意味がありますね。いままでは、POSレジとの連携が多かったのですが、会計からの方向での連携も面白いかもしれません。実際にアプリの中にPOS機能的なものも入っているようですので、ここの連携で、経理業務の負荷がかなり下がるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA