これで年賀メールも準備OK?Gmailで予約配信ができる機能拡張。

年賀状は、出さなくなったり住所を知らない人も増えています。しかしメールアドレスは知っている人には、年賀メールを出したりしますね。

しかし、元旦に出すのは忘れてしまいそう。そんな人に、日時指定でメールを送信できる機能拡張を紹介します。

 

友人・知人に誕生日を祝うメールを事前に送信したい時など、日時を指定してメールを送信したいと思ったことはないだろうか。また、あまり早く返信したくないけど、かといって、後から送信しようとすると忘れそう……こともあるだろう。今回は、そんな願いをGmailで実現する方法をまとめてみた。

Boomerang for Gmail

Boomerang for GmailもChromeのGmail向け拡張機能だ。Boomerangの公式WebサイトもしくはChorme ウェブストアからインストールできる。

「Boomerang for Gmail」の公式サイト

インストールが終わると、Gmailの編集画面に「Send Later」というボタンが追加される。日時を指定できるほか、「1時間後」「2時間後」「4時間後」「2日後」「1週間後」といった期間を指定することもできる。Boomerangは多機能であるのも特徴で、返信のトラッキングなども行え、Androidスマートフォンでも利用できる。

mxHero for Chrome

上記の2つの拡張機能のほか、mxHero for Chromeでも同様のことが行える。

mxHero for Chromeではメールの送信日時をカレンダー形式の画面から選択できるので、わかりやすい。そのほか、文中内のリンクがクリックされたら通知する「Total Track」、メールが読まれると5分以内に削除される「Self Destruct」、といったユニークな機能を備えている。

SndLatr Beta for Gmail

最後に紹介する拡張機能SndLatr Beta for Gmailもまた、Chromeの拡張機能だ。他の拡張機能と同様に、Chorme ウェブストアからインストールできる。

インストールが済むと、メールの編集画面に「Send Later」というボタンが追加される。メールを後から送りたい場合は、このボタンを押して日時を設定する。SndLatrもmxHero for Chromeと同様に、カレンダー形式のGUIから日時を指定できる。

独自の機能としては、「スニペット」がある。この機能によって、よく使う定型文を登録することが可能だ。

これらの機能を使うと忘れずに年賀メールを送ることができそうですね。

まあ、それ以外にも配信予約機能はいろいろ便利なときがあるので、入れておくとよいかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です