ワードプレスのセキュリティ向上に役立つか、KUSANAGI Ready プロジェクトがスタート

ワードプレスは、現在多くのサイトで使われているCMSアプリケーションですが、プラグインには脆弱性を抱えているものもありその脆弱性を狙った攻撃なども起きてきました。

そんな現状を改善してくれるかもしれないプロジェクトがスタートするようです。

 

プライム・ストラテジーは、WordPressの主要なプラグインやテーマのソースコードが、PHP 7/HHVM/PHP 5の言語仕様に適合しているか、一定のセキュリティルールに適合しているか、一定のパフォーマンスを確保できているか、どの言語に対応しているかを検証する「KUSANAGI Ready プロジェクト」を、3月に開始する。

エンタープライズ領域の実務でよく使われる主要なプラグインを中心に検証を行い、一定水準をクリアしたプラグインやテーマの一覧を公表するプロジェクトで、今後3年間で100件のプラグイン/テーマの調査・検証を目指す。調査の結果、一定水準に達していなかったものの、修正によって改善が見込める場合は、修正パッチの提供も予定している。

同プロジェクトを通して、これまで以上にWordPressを活用しやすく、効率的な運用を可能にする。また、同プロジェクトの成果は、プライム・ストラテジーが開発・提供するWordPress仮想マシン「KUSANAGI」のユーザーにとっても有益な情報となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA