NTT Com、日米間海底ケーブルに100G技術を導入、容量を8.4Tbpsに拡張
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20130718_608099.html

NTTcomが、日米間の海底ケーブルに新技術を投入して容量を増やすよというニュース。先日の日経新聞には、KDDIも同様の施策を行うとの記事がありました。実際にGoogleやYouTubeはアメリカから配信されていることも多いと思うので、ここが太くなることは基本的には好ましいと思っています。

昨日(7月17日)のクローズアップ現代かなにかで、インターネットのトラフィックの80%はアメリカを経由するように設計されていると言っていました。インターネットを発明したのはアメリカですし、その仕組みの原点はアメリカの軍事システムなのですから、このような話があっても不思議ではありません。

そのように考えると、あまりトラフィックがアメリカと直結しすぎるのもよくないのではと感じるのです。日本には日本の国益というものがあり、何でもアメリカを同じというわけにはいかないので、そのような時に情報が握られている可能性が高い状態というのは避けなければならないと考えるのです。

「さくらのレンタルサーバ」「さくらのメールボックス」ディスク容量増量のお知らせ
http://www.sakura.ad.jp/news/sakurainfo/newsentry.php?id=763

このサイトでも使っているさくらのレンタルサーバですが、容量が大幅にアップするとのニュースが入ってきました。私は、容量が1Gしかない時からのユーザーなので、100Gへアップするとのニュースを聞いて感慨深いものを感じます。

最近は、これからサイトを構築したりする方は、VPSを選ぶ方が多いのではと思いますが、私が利用をし始めた当時は、SSHのシェルログインができるレンタルサーバは、さくらのレンタルサーバぐらいしかなくて、この中で、いろいろなアプリをインストールしたことが懐かしくおもいだされます。

いまは、運用管理の手間が少ない初心者向けサービスようになっていますが、いままで使っている中で障害などの記憶もほとんどなく安定しているので良いサービスなのかなと思います。

いまのところ、100Gを使い倒すことはないような気がしますが、このまま安定したサービスを提供してもらえればうれいいです。

そういいながら各社のVPSサービスを比較していつ契約しようか考えている自分がいたりしますが・・・。

 

auが夏モデルを発表したけど、4種類だけ
http://www.au.kddi.com/mobile/product/selection/

 一時期は、auはアンドロイドで頑張ります!的な発言をしていましたが、とうとう儲からないのかモデル数を絞り込んでの発表となりました。
やはり、iPhoneしか売れないのでしょうか?それとも、iPhoneを売らないとアップルとの大人の事情的な問題があるので、アンドロイドにもう力を入れる余裕はないということなのでしょうか?

個人的には、auを長らく使っていて(ガラケーですが)もっといろいろな意味で頑張ってほしいキャリアなのですが、最近はどうも端末的な魅力もあまりないし、だからといってiPhoneは、ソフトバンクとどっちでもよい感じだしどうも、auだからという選択肢がでてこない気がします。

auの端末を買っても、いわゆるMVNOのサービスを利用できるわけではないし、だからといって料金が安いわけでもないので最近MNPで他のキャリアへ移動しようかなとおもったりします。

個人的には、まだガラケーというのは必要なのでガラケーの端末をたまには新しく出してほしいなというのは希望です。 

サイバーエージェント、今夏よりクラウドファンディングに参入
http://news.mynavi.jp/news/2013/05/14/247/index.html

マイナビによるとサイバーエージェントがクラウドファンディングビジネスに参入するとのことです。ちなみにクラウドファンディングとはウィキペディアでは、こんな感じに説明しています。

 クラウドファンディング(英語:crowd funding)とは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語である。[1][2] ソーシャルファンディングとも呼ばれる。[3] クラウドファンディングは防災や市民ジャーナリズム、ファンによるアーティストの支援、政治運動、ベンチャー企業への出資 [4] 、映画 [5] 、フリーソフトウェアの開発、発明品の開発、科学研究 [6] などの幅広い活動の支援において利用されている。

一般に製品開発やイベントの開催には多額の資金が必要となるが、クラウドファンディングでは、インターネットを通じて不特定多数の人々に比較的少額の資金提供を呼びかけ、一定額が集まった時点でプロジェクトを実行することで、資金調達のリスクを低減することが可能になる。ソーシャルメディアの発展によって個人でのプロジェクトの立ち上げや告知が容易になり、それに呼応する形でクラウドファンディングによる資金調達が活発になりつつある。米国ではKickstarterが有名。アートなどの分野に特化したサービスも多く、国内でもサービスが増加している。

2012年に米TIME紙は全世界でも最高のクラウドファンディング・プラットフォームを説明し、評価する記事を掲載した。

2012年現在、クラウドファンディングの市場規模は前年比2倍の28億ドル(日本円換算で約2291億円)と見積もられており、特にビデオゲーム関連での出資が著しい伸びを見せている。Kickstarterにおいてビデオゲーム分野の出資額は2011年比で10倍以上にまで達した。ゲームソフトではStar Citizenが約620万ドル、ゲーム機ではOUYAが約860万ドルを集め話題となった。

最近は、ペパボの家入さんとかがこんな感じのことをやっていたような気がしますが、どのあたりでビジネスの収益性を求めてゆくのでしょうか?

サイバーエージェントが投資関連の事業を行うというと、またスタートアップの青田買いをして自社サービスに組み入れようとしているのかなとか勘ぐった見方をしてしまいますが、今回はどのように考えているのでしょうか。

最近、ビジネスを始めた私としてはこの機会にぜひ投資をしてもらいたいと思ったります。しかし、ビジネスのベースがコンサルティング事業ですのであまり投資してもらうには派手さがないかなと感じてみたりします。

でも、最近のソーシャルがらみの資金調達だったり、投資の話ってどのていどうまく行っているのでしょうか?

収益性という意味では、結構厳しいビジネスモデルのところもあるような気がしますが・・・。

アフィリエイト市場が拡大している――その要因は意外にもあの業界のお客さん
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1305/08/news005.html

「アフィリエイト」このサイトにもいくつかバナーなどを貼っております。はい。そのアフィリエイトは、はじまって10年以上経過していますが、まだまだ成長している様子です。リンク先のページを見ていただくと詳しく出ているのですが、一時期、社会問題になった消費者金融業界などが伸びているようです。

たしかに、スマホが普及するについてPCでは利用しなかった層がインターネットを利用するようになって、新たな客層が生まれているのかもしれません。

しかし、消費者金融にしろ、青天井でユーザーが増えてゆくことはないのでもうすこししたら、ニーズのある人は口座を持っているという状態になってしますうのではと感じます。ただ、このアベノミクスの景気が拡大してゆくといままでは利用しなかった層の人も、利用してみようと思うかもしえませんので、そのあたりは流動的なのかなと感じます。

ただ、現在メディア事業を行っている企業は、多かれ少なかれこのぢアフィリエイトの広告とリスティング広告の媒体費で収益を取っている側面があるので、インターネットの利用者や利用時間が伸びてゆくと、このアフィリエイトビジネスも伸びてゆくんだろうなと思います。

そもそもアフィリエイトってなんだよと思う方は、このサイトの広告をクリックしていただくと、その広告に合わせたページが表示されますので、それがアフィリエイトになているということです。

つまり、損害保険の販売代理店のような仕組みなんです。自動車整備工場なんかに、損害保険の看板がついていたりしますよね。自動車整備工場は、本業は自動車の整備ですが、自動車のユーザーは、損害保険も契約したいと思ってるわけです。そこで、看板を掲げることで、ここでも保険の契約ができますよと、告知をして実際は、提携した損害保険会社と契約してもらい、手数料をもらうという仕組みになっています。

インターネットだから、と意識すると難しいと感じるかもしれませんが、実際の社会にあてはめてみると非常に簡単な仕組みだということが理解できるでしょ。

ビジネスモデルとか、ネット業界の人は、ややこしく言うことが多いのですが、意外に仕組みは単純だったりします。

そもそも、所詮人間が考え付くことをITを使って仕組み化や自動化しているだけですから。

マイクロソフトが同社のブログで、SkyDriveのユーザー数が2億5000万人を超えたことを発表しています。

http://blogs.windows.com/skydrive/b/skydrive/archive/2013/05/06/over-250m-people-using-skydrive.aspx

最近は、マイクロソフトのSkyDriveも頑張っているのでしょうが私個人では、実はDropBoxが一番活用されていたります。やはり、アプリケーションにLinux版があるなど、クロスプラットフォーム性が意識されている点と直感的な使いやすさが、このようなアプリのメリットだと感じているのでそうしてもSkyDriveを活用できずにいたります。

DropBoxは、無料の容量が2GBと他のサービスと比較しても小さいのが玉にきずです。以下のアドレスからサインアップしてもらうと本人と紹介者にボーナスストレージがもらえるので、よろしかったらこのURLから申し込んでもらえるとうれしいです。

http://db.tt/eGgJzIQ

でも、SkyDriveのサービスは、当初25GBの容量ったのが7GBに少なくなったあたりから、サービスの劣化が進んでいるような気がして残念です。これからOffice365のサービスなんかを拡充していく流れで、クラウドサービスももっと充実されるとユーザー数が増えるのにと感じます。

私なんかは、SkyDriveのLinux版が出ればすぐに使おうと思っているのですが…。

どうなのでしょうか。マイクロソフトさん。

 

2. サーバにgitリポジトリを作成する

mkdir git
cd git
mkdir PJname.git
cd PJname.git

git init –bare –shared

3. サーバへpushする
git push ssh://sshxxx.lolipop.jp:2222/home/users/1/(ユーザ名)/git master

4. サーバからcloneする
git clone ssh://ssh030.lolipop.jp:2222/home/users/1/(ユーザ名)/git

5. その他
サーバ リポジトリの変更点をローカル リポジトリに取り込む
$ git pull

 

< ?php>
var_dump('$data');
< ?>