MNP、一括0円でiPhone5ユーザーとなった私ですが、まだまだiPhone5を使いこなしてはいません。3円運用のためLTEネットなどのサービスは、廃止したのですが、SMSは音声回線の部分を使っているはずですので、使えるのではと思いしらべてみました。

結果は、3円運用でもSMSサービスは使えました。

auのサイトでも以下のような記述となっています。

Read More →

先日のiPhone5一括0円祭りで入手した、iPhone5の32Gモデルですが、Apple製品は所有していませんでししたので、いろいろ使って見ることにしました。

そこで、まずは保護フィルムでしょう。

早速、ヨドバシに行ってどんなものがあるか物色。Andorid端末はもっていましたが、iPhone5

の関連アクセサリーの数の多さに圧倒されます。普段も意識はしていましたが、自分が購入するとなると選択肢の多さで改めて圧倒されます。

その中で、リーズナブルでまあそこそこなのではとあたりをつけて選んだのが、

エレコムのPS-A12FLFAW(http://www2.elecom.co.jp/avd/cellphone/protection-seal/ps-a12flfaw/)です。amazonならこちら

ELECOM iPhone5用 フィルム(エアレス防指紋反射)背面フィルム付 PS-A12FLFAW

これは、ディスプレイがある表と裏の両方のフィルムふぁ同梱されていて、ヨドバシで880円でしたので、まあこんなものかなと思い購入。ノングレアになるというのも自分としてはポイント高かったです。(あまりピカピカの液晶は好きではないので・・・)

家に帰って、貼ってみましたが、悪くはない感じです。そんなに貼りにくいということもなく。気泡も入らずに作業できたようです、というのも、これは、本来の保護フィルムの上に何か保護フィルム的なものが張られているのでしょうか?

過去にはそのような経験もあったので、これがどいういう仕様になっているのか説明書ではちょっとわかりづらかったので、ペンディングです。

それと特にiPhoneの背面ですが、模様のせいか気泡が入っているのかないのかわかりづらかったのがはじめての経験でした。

ツイッターなどで、祭り状態となっているiPhone5の一括無料祭りに参戦してきました。私は契約したお店では、iPhone5の32GとPT003を同時契約すると両方の本体代金が無料となるというルールでした。

ツイッターで他の店の情報などを収集してみると、キャッシュバックなどの案件もあるようですが、どうもコンテンツをいくつか加入する必要があったりして手間がかかるのでそのあたりはパス。今回契約したお店では、そのような余計なオプションはほとんど無かったし、新しい携帯番号もほしかったので、渡りに船とばかりに契約しました。

わたしが初期状態で契約した内容は、以下の通りです。

iPhone5

  1. 基本契約(誰でも割適用)
  2. LTE NET
  3. LTE フラット
  4. 電話基本パック
  5. 通話定額24
  6. auスマートパス

PT003

  1. プランEシンプル
  2. EZWIN

この内容で契約して3円運用、255円運用にするために翌日にお客様センターに電話

auスマートパス専用番号に電話したら、新しい番号が案内されました。

0077-777

があたらしい番号になっていました。

ここで、担当者にオプションを廃止したいことを伝えると、すべてのオプションについてこの番号で対応できるとのこと。

そこで、iPhone5は、基本契約のみを残して他のすべてのオプションを廃止、PT003もEZWINを解約してプランEシンプルのみを残すようにしました。

廃止手続きは、電話一本15分程度でできました。MNPを使った契約は初めてだったのですが、以外に簡単でした。

これで、iPhone5の3円運用とPT003の258円運用の端末の出来上がりです。

MNP関係の情報は、以下のところを結構参考にしました。
http://smakoji.info/archives/2014

auのiPhone5を購入するなら「今でしょ」という感じですね。

「Dolphin Browser」Android版10.0公開、ブラウジングを高速化
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20130716_607766.html

Androidユーザーとしては、便利に使っているこのアプリの最新版が出たのは、うれしいところです。 早速、アップデートしてみました。私の常用端末はAndroid2.3なので、UIまわりが、Andoid4.0系の雰囲気になっているのは、ちょっと先進的な空気感が出てかっこいい感じです。

ブラウジングのスピードは、そこまで明確に早くなったという気はしませんが、スムーズに表示されているところをみると、いろいろ改善されているのではないかと感じるところです。

画像読み込みのあり/なしを設定で変えることができるので、遅い場所なんかの環境では、設定を変えることでアクセスをスムーズにすることができるようになっています。

【月1000円SIM】IIJmio vs OCN、○と×をチェック
http://ascii.jp/elem/000/000/807/807533/

アスキーのサイトでこんな記事を見つけました。iijmioのユーザーである私ですが、OCNのサービスが発表されたときは本気で移行しようか悩んだいものです。現段階では、クーポンの存在があるので移行せず、他のサービスも含めて様子見ではありますが。

それで、この記事ではさおれぞれのサービスについてのメリットデメリットいついて以下のようにまとめています。

IIJmioのいところ、微妙なところ

○ 高速通信を自由にオン/オフできるので月500MBを最大限活用可能

○ 月500MBの余った分は翌月にまで繰り越し可能

○ 1ヵ月単位でプラン変更も可能

△ 500MBを使い切ると、翌月まで200kbps(追加は525円/100MB)

OCNのいいところ、微妙なところ

○ 1日30MB(月900MB)とIIJmioより高速通信分が多い

○ 1日30MBを使い切っても、翌日になればまた高速に戻る

△ 高速通信のオン/オフは不可

△ 制限解除オプションやコース内容の変更は不可

それぞれ、いままで様々なところで整理されてきた内容と大幅に変わってはいませんが、現在iijmioのユーザーである私はl、クーポンのオン/オフが手動でできるとことは大きメリットだなと感じています。

実際、これをWifiルータに入れてWifi経由で使っているのですが、ノートPCから使うときはクーポンを「オン」にして使って、普段のスマホ利用では「オフ」という使いかたをすると、ノートPCのモバイル接続でも通常のデータ通信サービスと同様に使えますしl、スマホでも重いサービスを使わなければまったく問題が無くネットサービスを利用できるのでクーポンを有効利用できて非常に便利に使っております。

最近は、iphone5の32Gも一括0円で提供されてきていることを考えると、この現状にiphone5を追加しても良いかなと考えています。iphone5をWifi運用すればどうも、月額3円で維持できるようですし・・・。

 

 

 

ソニー、5,000mAhに強化した厚さ9.4mmのポータブルバッテリ
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20130624_604916.html

http://www.sony.jp/battery/products/CP-F5/

ソニーがポータブルバッテリーは発売するそうです。いままでは、安心できる国内メーカーというとパナソニック(旧サンヨー)という実質1拓状態だったのですが、ソニーも販売するようです。

私自身は、ソニーがポータブルバッテリーを売っていたという記憶がないので、新規参入かとも思ったのですが、過去にはノートPC向けのリチウムイオンバッテリーを各社に提供した時代もあっと思いますので、いままで出していなかったのが不思議なぐらいだと思います。

これで、競争が起きて便利になるのは良いことだと思いいますので各社がんばっていただければと思います。

 

 

 

debianをインストールしてあるNECのノートPCをrebootしようとしたところmysqldをとめるところでシステムがフリーズしてしまった。しょうがないので、電源ボタンで強制終了。
その後、再起動したところファイルシステムが壊れているとのメッセージが吐き出されているので、再インストールを実施してみたところ、インストール途中でハードディスクエラー。どうもHDDの読み書きの音が怪しいかんじだったのだけれど、まだ使えるのかなと思っていたところ、とうとうだめになった様。
ノートPCでのHDD交換はやったことがないので、いろいろ調べれてみると結構簡単にできることがわかり、それならいっそ新しいHDDに換装してしまおうかなと思い、いろいろ調査中。